スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの物語の中じゃ所詮エキストラ君も僕も

はいはいはい、どーも。




ライブで2時間半ぐらい踊りまくってからの朝まで徹夜でマージャンをやるだけの体力が自分に残っていたことが少し嬉しかったね。




まぁいうても22~3歳だもんで、若い…んかな。




職場やと年齢言うたびに「ありえない」「そんな歳は人間じゃない」なんて言われてるけど、それに対する上手い返し方を教えて頂きたいもんですな。




さて、はなすぃは変わりますが、個人的に偶然というものはないんじゃないのかなぁて思ってたりするのですよ。




基本的にね、必然なんやと思うわけですよ。
まあ「何言うてはんのこのおバカさん雨の日にマンホールで滑って転んだらいいねん」てお思いでしょうが、若造のたわ言、戯れ言だもんで。




というのもね、偶然よりも必然なんやー思った方がね、毎日の生活に気を抜けないというかね、なんかそんな感じがするのですのよ。




大なり小なりのそんときそんときの自分の選択が自分の未来に影響すると思うと、結構毎日必死に生きれんちゃうのん?ってね、ふふふ。




僕はね、雨の日にはマンホールは滑るからその上はなるべく歩かんようにしようとか、歩くとしても注意しながら歩くとかねそういう意識の下でマンホールに立ち向かってるわけですよ。




やからまぁ滑ることはないですよ。それはね、必然やと思うのですよ。滑って転ぶという自分の未来を変えているんですよ。自分自身で自分の人生を動かしているんですよ。て思えるんですよ。




それが偶然滑らへんかったやったらね、なんか誰か別のものの意思によってそうなっちゃった感がないすか?
…そんなことない?あーそう。




必然て思った方がね、なんか主人公っぽい気がしますのよね。自分の人生なんやからね、やっぱ主人公らしくありたいじゃないですか。
いま「らしく」を打とうとして「らいす」って打ってしまいました。どうでもいいですけど。




なんかよくわかんなくなってきたのでこの辺でもういいや。




ちなみに、職場の先輩も必然や思ってる人みたいでね。「りょーれる君と俺が出会ったのも必然やねんで」て言うたはりました。




それに関しては偶然やと思いますけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りょーれる

Author:りょーれる
寂しがり屋のウサギ年。
昔はサイコロを転がしてました。というか勝手に転がっていました。これからは転がしてやりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。