スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車

今まで、我慢して、取り繕っていたけれど。
もう自分自身に嘘をつくことに疲れてしまったんだ。




何もしていなくたって1日、また1日と季節はめぐる。
せわしなく動くこの季節がそんなに優しいとは思わないけど。




今日も僕は、この部屋で一人、ぼんやりと天井を眺める。
果てなく続く未来という不安に成す術もなく途方に暮れる。




帰り際に一人歩いた、週末の夜。
キラキラ輝くあの街の灯りも僕の心は照らしてくれない。




全てが変わった。何一つできなかった。
僕はただ、それでも必死だった。毎日に怯えながら。




あの頃はよかったなんて言いたくはなかったのにな。




全てが変わって、何一つ残らなかった。
いつかほどいた手を、僕は見つけられるだろうか。




あの頃はよかったなんて言いたくはなかったのにな。




言いたくは、なかったのにな。

続きを読む

プロフィール

Author:りょーれる
寂しがり屋のウサギ年。
昔はサイコロを転がしてました。というか勝手に転がっていました。これからは転がしてやりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。